太陽光発電・蓄電池は株式会社iR

【徹底解説】ZEHは意味ないとの声多数?その理由と賢い選択方法

query_builder 2024/04/10
ブログ

ZEHは意味ないって本当?

【徹底解説】ZEHは意味ないとの声多数?その理由と賢い選択方法

ZEH(ゼッチ)住宅とは、エネルギー自給自足を目指す住宅の一つですが、「ZEHは意味ない」という声も少なくありません。この記事では、ZEH住宅のメリットとデメリット、光熱費の実際、そしてZEHが得かどうかについて掘り下げます。インターネット上のブログにはZEHで後悔したという体験談が多数見られます。

 

また、ZEH住宅の固定資産税が高いという問題や、進まない理由、太陽光発電がなくても建設可能か、補助金の受け取りが可能かどうかなど、ZEH住宅に関するさまざまな疑問について、深く探求していきます。

 

この記事を読むと、

 

・ZEH住宅が意味ないと言われる背景や原因

・ZEH住宅の具体的なメリットとデメリット

・実際のZEH住宅の光熱費とその削減効果

・ZEH住宅に関する補助金の受け取り可能性

・ZEH住宅の固定資産税が高いかどうかの情報

 

などがわかります。

 

 

太陽光発電や蓄電池のお見積もり依頼はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太陽光発電のお見積もり依頼者限定!

 

太陽光発電・蓄電池のお見積もりはこちらから

 

 

ZEHは意味ないと言われる背景

「ZEHは意味ない」という意見が出るのは、投資したコストに対して得られるものが少なかった、もしくはほとんどなかった、というような後悔をしている可能性が高いです。では、実際にどんな理由で後悔しているのか、その理由を解説していきたいと思います。

 

【理由その1 理想の間取り・デザインが実現しなかった】

 

高い断熱性を優先してしまい、居住者が求める開放的な窓や吹き抜け、広々としたリビングなどを提案しないハウスメーカーや建築会社もあります。また、十分な発電量を確保するために必要な太陽光パネルを設置するため、屋根面積もある程度の広さが必要です。そのため、思い描いていた間取りやデザインができなくて、後悔する方もいます。

 

【理由その2 建築コストが高かった】

 

ZEH基準を満たすためには、高性能の断熱材や断熱サッシが必要となりますし、省エネ設備や太陽光発電も設置することになります。そうなると、どうしても設置費用が高くなってしまうことは否定できません。

 

【理由その3 維持費用がかかる】

 

ZEH住宅に太陽光発電を設置すると、定期点検やメンテナンスが必要となり、維持費用がかかります。また、太陽光発電やパワコンなどに限らず、高性能設備機器は15〜20年程度で取り替えが必要になる可能性もあります。

 

【理由その4 耐震性が不安】

 

屋根に太陽光パネルを設置すると、300kg以上の負荷をかけることになる可能性が高いです。そのため、地震が起きた時に、屋根から崩壊するのではないかと耐震性に不安を覚える方もいるようです。

 

【理由その5 機器をうまく使いこなせない】

 

ZEH住宅では、消費エネルギーを常に管理やモニタリングするためにHEMS(ヘムス)というエネルギーを節約するための管理システムを設置する必要があります。また、消費エネルギーを制御する性能設備機器も多く、ZEHに住み始めた方の中には、操作や見方がわからないという方もいます。

 

引用元:Panasonic「スマートHEMS:HEMS(ヘムス)とは?」

 

【理由その6 発電量が思うように得られない】

 

太陽光発電は季節や天候に発電量が依存しています。そのため、悪天候が続くと、思ったように発電量が得られないと感じてしまうかもしれません。

 

 

【理由その7 エアコンを設置しすぎて無駄になった】

 

ZEHは断熱性が高いため、各部屋に設置したエアコンもそれほど必要なかったという意見もあります。

 

 

【理由その8 光熱費が0にならない】

 

「ZEH住宅なら光熱費がほぼ0円」と多くの方が誤解していますが、家電製品などで使う電気エネルギーはZEH住宅の基準に含まれる消費エネルギーに該当しません。

 

以上の理由から、「ZEHは意味ない」と言われているようです。

ZEHで後悔!?ブログやSNSでの体験談

インターネット上のブログでは、ZEH住宅の実際の住み心地や効果について、多くの体験談が共有されています。ZEHに対する後悔の声も少なくありません。例えば、一部の住宅では、省エネ性能や快適さが期待ほどでなかったり、高い建築費用に見合わないと感じたりするケースがあります。

 

また、エアコンやその他の設備の過剰な設置により、余計な出費となってしまったという意見も見受けられます。先ほど挙げた8つの理由の他に、後悔している点として「コンセントを設置し過ぎた」ということを挙げていた方もいらっしゃいました。というのも、ZEH住宅に住まわれている方の一部では、「コンセントが少なく感じる」という方もいらっしゃるようで、ブログを書かれた方はその意見を参考にコンセントを増やしすぎたと後悔されていました。

 

そのほか、X(旧Twitter)では、一部後悔している方もいるようですが、満足されている方も多くいるようです。参考として、Xの投稿も掲載しておきます。

 

 

 

 

 

こうしたリアルな体験談は、ZEH住宅を検討している人々にとって重要な参考情報となり、ZEHの適切な理解と期待値の設定に役立つでしょう。

ZEH住宅|ZEHの意味とは?

ここまでZEHで後悔する理由やブログやSNSでの反応について紹介してきましたが、改めてZEHについて解説していきたいと思います。

 

引用元:経済産業省資源エネルギー庁「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について」

 

ZEH住宅、すなわち「Net Zero Energy House」とは、家庭で消費するエネルギーを自家で賄い、外部からのエネルギー依存を最小限に抑える住宅のことです。この住宅は、住宅の一次エネルギー消費量と創エネルギー量の収支を年間でゼロにすることを目的としています。

 

これを実現するためには、断熱性能の高い建材を使用して家の断熱性能を高めると同時に、省エネ型の設備を導入する必要があります。さらに、太陽光発電システムのような再生可能エネルギー源を活用して、家庭内でエネルギーを生成し、必要な電力を供給します。

 

簡単に言えば、ZEH住宅は自宅で使用するエネルギーを自宅で作り出す家のことであり、外部エネルギーの必要性をできるだけ減らすことを目指しています。この取り組みは地球環境保護やエネルギーの持続可能性に寄与する重要な役割を果たし、環境への影響を減らしつつ、住宅の省エネ効果を最大限に引き出すことが可能です。

ZEHのメリット・デメリットとは?

もしかすると、すでにご存知かもしれませんが、改めてZEHのメリットとデメリットについても解説していきたいと思います。

 

メリット1 光熱費などのランニングコストが安くなる

 

ZEH住宅は家自体の断熱性能が高い上、使用しているエアコンや給湯器なども省エネ性能が高いので、一般的な住宅よりも電気代などの光熱費が安くなる傾向があります。

 

メリット2 1年中快適な温度で家の中で生活できる

 

先程もお伝えしましたが、断熱性能が高いので夏の暑さや冬の寒さの影響を受けにくいです。そのため、1年中快適な温度で過ごすことができます。また、ヒートショックや結露によるカビなども防げるので、健康面でのメリットもあります。

 

メリット3 災害時でも電力を確保できる

 

 

自宅にある太陽光発電システムなどにより、発電した電気を災害などの非常時にも使用することができます。また、蓄電池を導入すれば長期間停電になっても、天気さえ良ければ必要最低限の電力を使い続けることも可能です。

 

メリット4 住宅を高く売却できる可能性がある

 

「BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)」で認証されたZEH住宅は、家の評価が高まるため高値で売却できる可能性があります。

 

メリット5 補助金を受けれる

 

新築でZEH住宅を建てる際には、国からの補助金を受け取れる可能性があります。補助金額についてはZEHの性能によって異なりますが、補助金の申請を行い、審査後に交付が決定すると初期費用の一部を補助金として受け取ることができます。

 

また、一部の自治体でもZEHの補助金を行っている場合がありますので、ZEH住宅の建築を検討されている場合は、事前にチェックすることをおすすめします。

 

 

デメリット1 建築コストが高くなる

 

先程もお伝えしましたが、ZEH住宅の特徴として、断熱性能や省エネ性能、創エネ性能が高いという特徴があるため、どうしても建築コストが高くなってしまいます。

 

 

デメリット2 間取りや設備に制限がある

 

ZEH基準の断熱性能や省エネ性能を確保するために、間取りや使用する設備が制限されてしまう場合があります。例えば、家に太陽光発電を設置しようとすると、屋根に荷重がかかるため耐震性を検討しなければいけません。検討した結果、耐震性確保のために、窓を減らしたり、ドアの形状を変えたり、余分に壁を作ったりする必要が生じる可能性があります。

 

デメリット3 設備のメンテナンス費用がかかる

 

省エネ・創エネ設備には定期的なメンテナンスが必要となりますので、その都度費用がかかります。

 

 

ZEHが進まない理由とは?

引用元:一般社団法人 環境共創イニシアチブ「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス実証事業 調査発表会 2023」

 

2022年度のデータでは、注文住宅の33.5%がZEH住宅となっていて、少しずつZEH住宅が普及しているものの、建売戸建て住宅は5%以下とまだまだ普及が進んでいません。ZEH住宅がなかなか普及しない理由の一つに、初期費用の高さがあります。高断熱・高気密の基準を満たすための追加投資が必要であり、家計に大きな負担をかけることがあります。

 

また、ZEH住宅に関する知識や情報がまだ一般に広く普及していないことも、進展の障壁となっています。一般の家庭では、ZEHのメリットや必要性について十分に理解していないことが多いため、その価値を正しく認識できていないのです。さらに、ZEH住宅の設計や建設に携わる専門家や業者がまだ十分ではないことも、普及の遅れにつながっています。

ZEH住宅は太陽光なしでも大丈夫?

ZEH住宅の特徴として、断熱性能と省エネ性能と創エネ性能があることが求められるため、太陽光発電を設置することが必要とされてきました。ですが、新しくZEH orientedという区分ができ、この区分では必ずしも太陽光発電が必要ではないとされています。

 

ZEH住宅を建てたくても、発電量が見込めなかったり、敷地面積が狭く設置できないという場合もあるかと思います。そのような住宅向けにできたのがこの「ZEH oriented」という新しい区分になります。

 

なお、ZEHの区分は「ZEH oriented」の他に6つの区分がありますので、紹介していきたいと思います。なお、マンションタイプのZEH区分もありますが、ここでは割愛します。

 

区分 省エネ基準 エネルギー収支 必要設備
ZEH 20%削減 100% 再生可能エネルギー設備
Nearly ZEH 20%削減 75% 再生可能エネルギー設備
ZEH oriented 20%削減 なし なし
ZEH Ready 20%削減 50%以上75%未満 再生可能エネルギー設備
ZEH+ 25%削減 100% 再生可能エネルギー設備
Nearly ZEH+ 25%削減 75% 再生可能エネルギー設備
次世代ZEH+ 25%削減 100% 再生可能エネルギー設備
(以下のいずれかを導入)
・V2H設備
・蓄電システム
・燃料電池
・太陽熱利用温水システム
・太陽光発電システム10kW以上

 

区分① ZEH

ZEHは、1年間のエネルギー収支がゼロとなる住宅を指します。そのため、太陽光発電などの再生可能エネルギーを活用し、省エネ設備を備えることで建物内で使用するエネルギーを自給自足します。

 

ZEH基準にするためには、断熱性能を高めて省エネ基準から20%削減する必要もあります。また、使用するエネルギーを再生可能エネルギーで100%賄わなければいけませんので、太陽光発電などの創エネ設備が必須となります。

 

区分② Nearly ZEH

Nearly ZEHは、エネルギー収支の観点でZEH住宅に近い住宅を指します。そのため、省エネ基準から20%削減、再生可能エネルギーで賄う割合が75%となっています。

 

ZEHとほぼ同等の省エネ基準の住宅になっていますが、寒冷地や低日射地域など、主に再生エネルギーを作りにくい場所に適用されることが多いです。

 

区分③ ZEH oriented

ZEH orientedは、ゼロエネルギーハウスに向けた取り組みが行われている住宅のことを指します。そのため、省エネ基準から20%削減という基準はありますが、創エネ設備を導入する必要がありません。

 

区分④ ZEH Ready

 

ZEH Readyは簡単にいうと「ZEHの準備ができた住宅」ということになります。そのため、ZEHの断熱性能と省エネ性能、創エネ性能の3つの性能のうち、断熱性能と省エネ性能が備わっている必要があります。認証には太陽光発電の設置が必要となるものの、エネルギー収支が50%以上75%未満と緩くなっています。

 

ただし、戸建てにおいてZEH Readyでは、ZEH支援事業での補助金を受けられず、こどもエコすまい支援事業でのみ補助金を受け取れるので、募集が終了しないか注意する必要があります。

 

区分⑤ ZEH+

ZEHの区分の中でも高性能な住宅になります。ZEH+の認証を得るには、ZEHの基準を満たした上で、「外皮性能のさらなる強化」「HEMSでの住宅エネルギーマネジメント」「電気自動車の充電設備および電気自動車による省エネ」という3要素のうち、2つの要素を満たす必要があります。

 

さらに、ZEHでは省エネ基準から20%削減でよかったのですが、ZEH+では25%以上削減しなければいけません。

 

区分⑥ Nearly ZEH+

 

こちらは、Nearly ZEH+の高性能版になります。こちらもZEH+同様、Nearly ZEHの基準を満たしつつ、「外皮性能のさらなる強化」「HEMSでの住宅エネルギーマネジメント」「電気自動車の充電設備および電気自動車による省エネ」という3要素のうち、2つの要素を満たす必要があります。

 

また、ZEH+と同様に、省エネ基準から25%以上の削減が必要となります。

 

区分⑦ 次世代ZEH+

ZEHの区分の中で、最高性能な住宅になります。そのため、ZEH+の基準を満たした上で、以下の設備のうち1つ以上を導入する必要があります。

 

・V2H充電設備

・蓄電システム

・燃料電池

・太陽熱利用温水システム

・太陽光発電10kW以上

ZEHの固定資産税は高い?

ZEH住宅の固定資産税が高いかどうかについては、一概には言えません。固定資産税は不動産の評価額に基づいて計算されますが、ZEH住宅そのものの性能が直接固定資産税に影響を与えるわけではありません。ZEH住宅が高性能なために不動産の評価額が高くなる可能性はありますが、それは地域や物件による差が大きいため、一概に「高い」とは断言できないのです。

 

ただし、戸建ての長期優良住宅における減額の期間が5年間となるため、一般住宅の3年間よりも優遇されています。また、不動産取得税など他の税金も一般住宅に比べて少し優遇されています。

補助金はもらえない?

ZEH住宅に対する補助金は、政府や自治体が提供するものですが、必ずしも全ての建築者がそれを受け取れるわけではありません。ですが、基本的に募集期間中に、ルールを守って申請や着工、完了報告を行えば、補助金がもらえないというケースはあり得ません。

 

そこでここでは、ZEH住宅を建てたのにも関わらず、補助金がもらえなかったケースを紹介したいと思います。

 

①申請前に募集が終了した

 

補助金も国が年間で予算を組んで行われているため、募集開始に応募が殺到することが多く、補助金によっては募集開始からあっという間に募集が終了してしまうケースもあります。そのため、ZEH住宅を建築する前に、事前にハウスメーカーなどと相談しておくようにしてください。

 

②併用できない補助金の利用

 

国の補助金を利用する場合、原則として1つの建物(補助対象)に対して、2つの補助金を受け取ることができません。例えば、こどもエコすまい支援事業とZEH支援事業の2つの補助金は、どちらも国の財源なので、両方に申請することはできません。

なお、国と自治体のように財源が異なれば、1つの補助対象でも2つの補助金を利用することもできる可能性がありますので、事前にハウスメーカー等と相談するようにしてください。

 

③申請・着工期限が過ぎた

 

各種補助金には、申請や着工、完了報告などそれぞれに期限が設定されています。この期限を守らないと補助金を受け取ることができません。

 

 

④交付決定前に着工した

 

一部のハウスメーカーでは、補助金の交付決定前に工事をしてしまい、補助金が受け取れなかったとトラブルになるケースもあります。補助金によっては交付決定前に工事しても補助金が受け取れるものもあるかもしれませんが、ZEH関連の補助金は、現時点では交付決定後に工事しないと補助金を受け取れませんので、注意が必要です。

 

⑤登録事業者でないハウスメーカーと契約した

 

ZEH関連の補助金を受け取るには「登録事業者」であるハウスメーカーなどに建築を依頼しなければいけません。そのため、補助金の登録事業者でない場合は、ZEHの基準を満たしていたとしても、補助金を受け取ることができません。

 

実際のZEHの光熱費削減効果

ここまでで、ZEH住宅では光熱費が削減できそう、ということがなんとなくでも掴めたのではないかと思います。ここでは、実際にどれくらい光熱費を削減できるのかについて解説していきたいと思います。

 

国土交通省の発表では、ZEH住宅では以下の画像のように光熱費を削減できると言っています。

 

引用元:国土交通省「家選びの基準変わります」

 

この画像は省エネ住宅で、年間に節約できる光熱費を紹介しています。北海道ではZEH水準の住宅にすることで、年間約96,000円削減でき、さらに太陽光発電システムを設置すると、さらに年間90,000円光熱費を削減することができます。また、東京では年間46,000〜86,000円の光熱費を削減することができるということになります。

 

また、実際に都内にZEH住宅を建てられた方の情報だと、賃貸マンションに住んでいたときの光熱費は月々13,000円程度だったのが、ZEH住宅に住まれて月々5,000円程度と約8,000円程度の光熱費を削減されています。(出典:住宅情報館【QUAD V】〜ZEH住宅でエコ&快適な暮らしを目指す〜

ZEHは本当に得か?

ZEH(ゼロエネルギー住宅)の導入が得かどうかは、費用だけで考えると判断が難しいところがあります。というのも、同じ間取りでZEH認証が受けたか受けれてないかでの住宅費用がはっきりとしていないからです。ハウスメーカーによっては、従来の住宅とZEH住宅との差額は300万円が目安と言っていたり、それ以上というところもあります。

 

また、太陽光発電も住宅ローンを返済している間に、数回のメンテナンスや交換などが発生する可能性もあるため、35年ローンで元を取ろうという考えだと、得とは言い切れないのが実情かと思います。

 

ですが、ZEH住宅にすることで、補助金も受け取れたり、夏は涼しく冬は暖かいという1年中快適に過ごせるメリットも得られます。さらにヒートショックや結露によるカビの発生も防ぐなどのメリットもあります。ですので、費用面だけでなく、いろんな側面からZEH住宅を検討してみてはいかがでしょうか?

【徹底解説】ZEHは意味ないとの声多数?その理由と賢い選択方法のまとめ(1分で読みたい方はこちら)

・ZEHは一次エネルギー消費量の収支をゼロに目指す住宅

・実現方法や成果には家庭ごとの差異が存在

・期待外れの経験が「ZEHは意味ない」という意見の原因

・断熱性や省エネ設備の効果が不十分なケースがある

・初期費用が高いにも関わらず光熱費の節約効果が限定的な場合も

・エアコンやその他設備の過剰設置による余計な出費の例も

・ZEH住宅に対する補助金は限られた予算で提供される

補助金の申請には特定の条件を満たす必要がある

・太陽光発電を設置しないZEH住宅でも十分なメリットが可能

・初期費用の高さがZEH住宅の普及を妨げる一因

・ZEH住宅に関する知識や情報がまだ十分普及していない

・ZEH住宅の設計や建設に携わる専門家が十分でない場合がある

 

 

 

千葉を拠点とする『株式会社iR』では、太陽光発電、蓄電池、エコキュートやIHクッキングヒーターなど販売や工事を手掛けております。

 

太陽光発電や蓄電池のお見積もり依頼はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太陽光発電のお見積もり依頼者限定!

 

太陽光発電・蓄電池のお見積もりはこちらから

 

 


記事の監修者情報

記事の監修者情報:株式会社iR 代表取締役 桂田弘幸

太陽光発電、オール電化販売会社に営業として7年間勤務。
会社員時代に支店長を務め全支店TOPの売り上げを達成。
2016年からは独立し株式会社iRを設立。
設立後には船井総研の講師や外部企業のコンサルティングにも携わる。


 

オススメ関連記事

 

【徹底解説】太陽光発電と蓄電池のおすすめランキングと容量の選び方

 

太陽光発電導入で電気代はどれだけ安くなる?平均的電気代の徹底調査!

 

【裁判も?】太陽光発電における隣の家とのトラブル事例と解決策とは?

 

太陽光発電の北面設置には注意!北側設置以外で太陽光発電に不向きな条件とは?

 

【徹底解説】太陽光発電の見積もりチェックポイントとは?|失敗しないためのコツ15選


【徹底解説】太陽光発電・蓄電池悪徳施工業者の特徴7選|安心できる優良な施工・設置業者の選び方とは?

 

【徹底解説】太陽光発電のトラブルになり得る事案14選|契約前に確認しておきたいポイントとは?

 

【2023年 太陽光発電 施工実績】選んだ理由は「信頼」と「提案力」です【お客様の声】

 

【徹底解説】太陽光発電の認可待ち問題と対応策

 

【徹底解説】太陽光発電はやめとけ?2024年の失敗しない選択法

 

LINE友だち追加でサクッと簡単な見積もりを確認することも可能です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加で簡易見積り

 

 

【太陽光発電で失敗したくないという方は併せてこちらもお読みください】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

NEW

  • タマホームで太陽光発電4.5kWが90万円以下で導入できた!その理由や相場価格、口コミなどを徹底解説!

    query_builder 2024/07/13
  • 家庭用蓄電池補助金一覧!申請条件や金額を徹底解説【2024年(令和6年)度最新】

    query_builder 2024/07/09
  • 太陽光発電6kWの1日の発電量は約20kWh、年間7,290kWhが一般的!

    query_builder 2024/07/06
  • 【徹底解説】蓄電池4kWhの価格や導入に失敗しないためのポイント

    query_builder 2024/06/23
  • 【徹底解説】蓄電池や太陽光発電の固定資産税に関する基礎知識と賢く減税する方法

    query_builder 2024/06/19

CATEGORY

ARCHIVE