ブログMV4

東京都の太陽光発電義務化の背景や注意点とは?全国の動向についても徹底解説!

query_builder 2024/06/01
ブログ

東京都の太陽光発電義務化がスタートする前に

東京都の太陽光発電義務化の背景や注意点とは?全国の動向についても徹底解説!

東京都では2025年4月から新築住宅に太陽光パネルの設置が義務化されます。この「東京都 太陽光 義務化」には、温室効果ガスの排出削減と脱炭素化を進めるという重要な目的があります。この記事では、「東京都 太陽光 義務化」の背景や理由、具体的な内容について詳しく解説します。また、特定のハウスメーカーや工務店など関与する「東京都 太陽光 義務化 50社」についても解説します。さらに、義務化に伴う補助金制度や罰則についても触れ、どのように補助金を活用できるのか、「東京都 太陽光 義務化 デメリット」や「東京都 太陽光 義務化 対象」についても詳しく説明します。

 

この他に、「太陽光義務化 いつから」開始されるのかや「東京都 太陽光 義務化 条例」の内容、「東京都 太陽光 義務化 マンション」への影響についても言及します。全国的な動向も考慮し、他の自治体での太陽光義務化の状況も紹介します。この記事を読むことで、「東京都 太陽光 義務化」についての理解を深め、必要な準備を整えるための情報を得ることができます。



 

この記事を読むと、

 

・東京都で2025年4月から始まる太陽光発電義務化の概要

・太陽光発電義務化の背景と理由

補助金制度や罰則の詳細

・義務化の対象となる建物や対象企業

・マンションへの影響や全国的な義務化の動向

 

などがわかります。

 

 

太陽光発電や蓄電池のお見積もり依頼はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太陽光発電のお見積もり依頼者限定!

 

太陽光発電・蓄電池のお見積もりはこちらから

 

東京都の太陽光発電義務化に関する条例についての概要

引用元:東京都「2025年4月から太陽光発電設置義務化に関する新たな制度が始まります」

 

東京都では、2025年4月から新築住宅に太陽光パネルの設置が義務化されます。この制度の目的は、温室効果ガスの排出を減らし、2030年までに都内の温室効果ガスを50%削減するという「カーボンハーフ」の実現に向けて、脱炭素化を進めることです。具体的には、延べ床面積が2,000平方メートル未満の中小規模の新築建物が対象となります。

 

義務化の対象は、住宅を購入する消費者ではなく、ハウスメーカーや工務店などの事業者です。事業者は、太陽光パネルを設置するための計画を立て、その進捗状況を東京都に報告しなければなりません。

 

また、設置が義務化される建物は、日当たりの良い場所や屋根面積が広い住宅に限定されます。そのため、すべての新築住宅が対象になるわけではありません。例えば、屋根が小さい住宅や日当たりが悪い場所に建てられる住宅は設置義務の対象外となります。

 

この義務化により、東京都内の新築住宅は環境に優しいエネルギー源を活用することが促進されます。新たに建設される住宅が持続可能なエネルギーを利用することで、東京都全体のCO2排出量の削減が期待されます。事業者にとっては、太陽光パネルの設置を計画的に進めることが求められますが、結果的には環境保護とコスト削減の両方に寄与することになります。

 

このように、東京都の太陽光発電義務化は、持続可能な都市づくりの一環として重要な役割を果たしています。住宅購入者も、事業者の取り組みを理解し、環境負荷の少ない住まいを選ぶことで、環境保護に貢献することができます。

東京都の太陽光発電義務化の背景と理由

引用元:クール・ネット東京「ゼロエミッション東京戦略」

 

 

東京都が太陽光発電の設置を義務化する背景には、いくつかの重要な理由があります。まず、温室効果ガスの排出削減が急務であるという点が挙げられます。上の画像は少し古いデータになりますが、東京都のCO2排出源のCO2排出に占める割合に関する円グラフになります。この円グラフから見てもわかる通り、東京都のCO2排出量の約70%が建物からのエネルギー使用によるものです。これを削減するためには、建物への対策が欠かせません。

 

次に、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという国際的な目標があります。日本もパリ協定に基づき、2030年までに温室効果ガスを46%削減することを目指しています。この目標を達成するために、東京都は率先して行動を起こす必要があります。

 

さらに、新築住宅の数が増加していることも一因です。2050年には、現在の建物の約半数が新築に置き換わると予想されています。そのため、新築住宅に太陽光パネルを設置することで、将来的に大幅なCO2削減が見込めます。

 

また、太陽光発電は、比較的導入しやすい再生可能エネルギーです。設置さえすればすぐに発電を開始できるため、短期間で効果が期待できます。これにより、脱炭素化のスピードを加速させることができます。

 

以上の理由から、東京都は太陽光発電の設置を義務化することで、環境負荷の軽減とエネルギーの安全保障を強化し、持続可能な都市づくりを目指しています。

東京都の太陽光義務化はいつから?

東京都の太陽光発電義務化は、2025年4月から始まります。2025年4月以降に建てる家には、太陽光パネルを設置する必要があります。

 

この義務化により、東京都内の多くの新築住宅が太陽光パネルを設置することになり、家庭の電気代削減や災害時の電力確保にも役立つでしょう。また、設置にかかる費用を補助する制度も整備されているため、初期費用の負担を軽減できます。

東京都の太陽光発電義務化で対象となる建物は?

現在、東京都では延床面積2,000㎡以上の大規模新築建物を対象とした、建築物環境計画書制度の運用が行われています。そして、2025年4月から義務化が始まるのが、延床面積2,000㎡未満の新築住宅や小規模の商業施設です。具体的には、年間の延べ床面積が2万平方メートル以上の建物を建築する大手ハウスメーカーや工務店が義務化の対象となります。これらの事業者は、新たに建設する建物に太陽光パネルを設置する必要があります。

 

東京都太陽光義務化対象建物

 

また、太陽光パネルの設置基準も設定されています。例えば、日当たりが良く、屋根面積が十分にある住宅が対象です。逆に、日当たりが悪い場所や屋根面積が小さい住宅は、設置義務から除外される場合もあります。このように、義務化の対象となる建物は、個々の条件を考慮して決められます。

なお、2025年4月から始まる義務化は、太陽光発電だけではありません。実は、太陽光発電以外にも、「断熱・省エネ性能を確保」「電気自動車充電設備等の設置」も義務付けられます。

 

引用元:東京都「建築物環境報告書制度」

 

ただし、既存の建物はこの義務化の対象外です。つまり、新築する建物のみが太陽光パネルの設置義務の対象となります。これにより、新たに建てる家を計画している方は、太陽光パネルの設置費用も予算に含めて考える必要があります。

東京都の太陽光発電義務化の罰則はある?

東京都の太陽光発電義務化に関する条例では、罰則についても明記されています。しかし、実際には直接的な罰金や刑罰は設けられていません。義務化の対象となるハウスメーカーや工務店が太陽光パネルの設置義務を怠った場合、まず東京都から助言や指導が行われます。

 

もし、その後も改善が見られない場合は、事業者名の公表が検討されます。公表されると、社会的信用に影響を及ぼす可能性があり、企業にとっては大きなリスクとなります。このため、ハウスメーカーや工務店は義務を果たすよう努めるでしょう。

 

ただし、住宅購入者が太陽光パネルの設置義務を直接負うことはありません。義務の対象はあくまで建設事業者です。したがって、住宅を購入する際には、設置費用や維持管理費用について十分に説明を受けることが重要です。

 

このように、東京都の太陽光発電義務化では、直接的な罰則はありませんが、事業者に対する指導や社会的制裁が行われる仕組みになっています。これにより、持続可能なエネルギー利用の促進が期待されています。

 

東京都の太陽光発電義務化が対象となる50社とは?

東京都の太陽光発電義務化において、特定の大手ハウスメーカーや工務店が重要な役割を果たします。この義務化の対象となる企業は、年間の新築住宅の延べ床面積が2万平方メートル以上の事業者で、約50社が該当します。

具体的な社名については、公表されておりませんので、弊社でもわかりかねますが、東京都が発表している資料をもとにすると、大手のハウスメーカーやビルダー、デベロッパーやゼネコンが対象になるようです。

 

引用元:東京都「建築物環境報告書制度」

 

また、義務対象となるのは、年間供給2万㎡以上の事業者である、大手ハウスメーカーやビルダーなどですが、この制度において、任意参加者や任意提出者に該当する中小ハウスメーカーや地域の工務店グループもあります。これらの任意参加者や任意提出者になっている法人は、建築物環境報告書の提出ができるようになるため、新築物件を建てたいけど太陽光発電などを設置したくないという場合は、これらに該当しないメーカーや工務店などを探して依頼する必要が出てきます。

東京都の太陽光義務化で抑えておきたい太陽光発電のメリットとデメリット

東京都の太陽光発電義務化で、太陽光発電の設置が義務付けられますので、改めて太陽光発電のメリットとデメリットを抑えておきましょう。

 

 

【太陽光発電のメリット】

 

1.光熱費の削減

太陽光発電を設置することで、自宅で発電が可能になり、発電した電力を使って日頃使っている設備や電化製品に電力を賄うことができます。そのため、電力会社から電気を購入する量が減ることにつながりますので、電気代の節約=光熱費の削減につながります。

 

2.停電しても電気が使える

停電すると、家中の電気が使えなくなってしまうものですが、太陽光発電を設置している場合、太陽光発電が稼働して発電している最中は電気を使うことができます。なお、太陽光発電が発電できるのは日中に限られるため、夜に停電してしまうと、電気を使うことができませんが、蓄電システムを導入していれば、日中に蓄えた電気を使えるので、夜に停電になっても安心です。

 

3.売電収入を得ることができる

太陽光発電は日中発電しますが、日中はご家族の方が会社や学校などに出かけているので、そこまで電気を消費することができないかと思います。ですが、FIT制度(固定価格買取制度)を活用することで、電力会社に太陽光発電で発電した電力を売ることができます。2024年現在は、16円/kWhとFIT制度が始まったころと比べると、だいぶ安くなってしまっていますが、それでも発電した電力の最大70%までを得ることができます。そのため、年間6000kWhの発電ができれば、年間で6.7万円程度の収入を得られる可能性があります。

 

 

【太陽光発電のデメリット】

 

1.初期費用がかかる

初期費用の負担:太陽光パネルの設置には高額な初期費用が必要です。補助金制度があるとはいえ、全ての家庭がすぐに負担できるわけではありません。なお、東京都の試算では4kWの太陽光発電を設置した場合、98万円程度の費用がかかるとされています。

 

2.定期的なメンテナンスが必要

太陽光パネルは定期的なメンテナンスが必要です。定期的なメンテナンスを怠ってしまうと、想定通りに発電できなくなってしまったり、故障の原因にもなります。また、パワーコンディショナーは15年程度で交換が必要となり、その費用も考慮する必要があります。

 

3.季節や天候に発電量が依存する

太陽光発電は太陽光で電気を作るので、曇りや雨などの悪天候の場合は発電量が著しく下がります。また、冬場になると日照時間が短くなるため、発電量が必然的に低くなってしまいます。

 

これらのメリットとデメリットを理解し、ご家庭の状況に応じて太陽光発電の導入を検討することが大切です。義務化に伴う負担とその利点をよく比較し、最適な選択をするための情報収集を行いましょう。

東京都の太陽光義務化でも使える補助金制度は?

東京都では太陽光発電の設置義務化に伴い、補助金制度を検討しているようで、補助金を受け取ることで下の画像のような試算結果になるとしているようです。

 

太陽光発電設置費用の回収期間について:東京都の試算

引用元:東京都「2025年4月から太陽光発電設置義務化に関する新たな制度が始まります」

 

なお、現時点で太陽光義務化の条例が制定されてから、どのような補助金が受けられるのかわかりません。ですが、参考として2024年度の東京都の太陽光発電に関する補助金の内容を紹介しておきます。

 

  補助金
太陽光発電【新築】

・3.6kW以下:12万円/kW(上限36万円)

・3.6kW超:10万円/kW(50kW未満)

 

さらに、太陽光発電と一緒に蓄電池を導入する場合には、蓄電池に対しても補助金が支給されます。また、V2Hを導入する場合でも補助金を受け取ることが可能です。

 

もし、東京都の補助金に関して確認したい場合は、こちらの記事を併せてお読みください。

→【2024年度最新】東京都の太陽光パネル・蓄電池・V2Hに関する補助金・助成金一覧【令和6年5月更新】

 

これらの補助金制度を活用することで、太陽光発電システムの初期費用を大幅に抑えることができます。東京都はこの制度を通じて、住宅購入者や設置事業者が太陽光発電を導入しやすくし、再生可能エネルギーの普及を促進しています。このような取り組みにより、東京都は環境負荷の軽減と持続可能な社会の実現を目指しています。

東京都の太陽光義務化によるマンションへの影響

東京都の太陽光発電義務化は主に新築一戸建て住宅に焦点を当てていますが、マンションにも一定の影響があります。義務化の対象となるのは延べ床面積2,000平方メートル未満の新築住宅ですが、マンションも例外ではありません。

 

まず、マンションの場合、屋根面積が限られているため、一戸建てに比べて太陽光パネルの設置スペースが制約されることがあります。そのため、全ての部屋に十分な電力を供給するのは難しい場合があります。しかし、共有スペースや共用部の電力を賄うために太陽光発電を利用することは可能です。

 

また、マンションの管理組合や施工業者は、太陽光パネルの設置に関する計画を立てる際に、住民との協議が必要となります。住民全体の同意を得るためには、設置のメリットや費用負担の分担について十分な説明が求められます。

 

マンションの住民にとっては、太陽光発電が設置されることで共用部の電気代が削減されるというメリットがあります。一方で、初期費用の負担やメンテナンスの問題など、注意すべき点も存在します。これらを踏まえた上で、マンションへの太陽光発電の導入を検討することが重要です。

東京都以外の太陽光発電義務化の動向

東京都の太陽光義務化は、2025年4月から始まりますが、実はすでに他の地域では太陽光発電の義務化が始まっています。東京都だけでなく、他の地域でも太陽光発電の設置義務化が進められています。具体的には、京都府、群馬県が既に太陽光発電の設置を義務化しています。また、神奈川県川崎市も東京都と同じく2025年4月から太陽光発電を義務化する方向で動いています。各地域での義務化の内容について、解説していきます。

 

まず、京都府では、2020年4月から延床面積2,000㎡以上の建物に対して太陽光発電の設置が義務付けられました。その後、2021年4月には対象を延床面積300㎡以上の建物にも拡大しました。この義務化により、京都府内の新築建物にはほぼすべて太陽光パネルが設置されるようになっています。なお、義務の対象は建物の持ち主です。

 

続いて、群馬県では、2023年4月から延床面積2,000㎡以上の建築物に太陽光発電の設置が義務付けられました。この取り組みは、2050年に向けた「ぐんま5つのゼロ宣言」を実現するための一環です。群馬県は、再生可能エネルギーの普及と温室効果ガスの削減を目指しており、太陽光発電の設置義務化を通じてその目標を達成しようとしています。なお、義務の対象は建物の持ち主です。

 

最後に、神奈川県川崎市では、2023年3月に「川崎市地球温暖化対策推進条例改正案」が可決されました。2025年4月から新築住宅に太陽光発電の設置が義務化される予定です。そのため、川崎市では延床面積2,000㎡以上の大規模な建築物と2,000㎡未満の中小規模の住宅を対象に、それぞれ設置が義務づけられます。ただし、延床面積2,000㎡以上の建築物の場合は、義務の対象は建物の持ち主になり、延床面積2,000㎡未満の建築物の場合は、ハウスメーカーなどが義務の対象になります。

 

 

太陽光義務化は全国的に広がりつつある

太陽光発電の義務化は、東京都や他の地域での取り組みが先駆けとなり、全国的に広がりつつあります。今後、他の自治体でも太陽光発電の設置義務化が進むことが予想されます。

 

例えば、相模原市や千葉県松戸市でも、太陽光発電の設置義務化に向けた議論が始まっています。相模原市では、2027年度からの義務化を目指しており、松戸市では2028年度からの実施を計画しています。このように、地方自治体も独自に脱炭素化の取り組みを進めています。

 

さらに、全国的な傾向として、再生可能エネルギーの利用促進と温室効果ガスの削減が重要視されています。そのため、今後も多くの自治体が太陽光発電の設置義務化を導入する可能性があります。国が目標として掲げる2030年までの温室効果ガス削減目標を達成するためには、各自治体が連携して再生可能エネルギーの普及を進めることが不可欠です。

 

このように、太陽光発電の義務化は、東京都だけでなく全国的に広がりつつあり、今後もその動きは加速していくと考えられます。住宅を新築する予定のある方は、地域の動向を注視し、太陽光発電の導入を検討することが重要です。

いつから始まる?太陽光発電義務化の各自治体での事例一覧

これまでに、各自治体での太陽光義務化に関する取り組みを紹介してきましたので、現時点で弊社で確認が取れている自治体についてまとめておきます。

 

自治体 開始予定 義務の対象
京都府 既に実施

延床面積300㎡以上の中規模な住宅・施設が対象

義務の対象:建物の持ち主

群馬県 既に実施

延床面積2,000㎡以上の大規模な建築物が対象

義務の対象:建物の持ち主

東京都 2025年4月

【全国初】小規模な住宅も含めた義務化

義務の対象:メーカーやデベロッパー等

神奈川県
川崎市
2025年4月

延床面積2,000㎡以上の大規模な建築物が対象

義務の対象:建物の持ち主

※2,000㎡未満の施設の義務化はメーカーが対象

神奈川県
相模原市
2027年4月

未定

※対象の建物や事業者は、東京都や川崎市に合わせる方向

千葉県
松戸市
2028年4月

未定

長野県 未定

未定

※2024年度から検討を開始する予定

 

東京都の太陽光発電義務化の背景や注意点とは?全国の動向についても徹底解説!のまとめ

・2025年4月から東京都で新築住宅に太陽光パネルの設置が義務化される

・延べ床面積が2,000平方メートル未満の中小規模の新築建物が対象

・義務化の対象は住宅購入者ではなく、ハウスメーカーや工務店

・事業者は太陽光パネルの設置計画を立て、その進捗状況を東京都に報告する必要がある

・東京都は設置費用を軽減するための補助金制度を導入

補助金は1キロワットあたり12万円、3.6キロワット以上の場合は10万円

・日当たりの良い場所や屋根面積が広い住宅が対象

・日当たりが悪い場所や屋根面積が小さい住宅は義務化の対象外

・温室効果ガス排出削減と脱炭素化が義務化の目的

・2050年までにカーボンニュートラルを達成するための国際目標に対応

・東京都のCO2排出量の約70%が建物からのエネルギー使用によるもの

・太陽光発電は比較的導入しやすく、短期間で効果が期待できる

 

 

千葉を拠点とする『株式会社iR』では、太陽光発電、蓄電池、エコキュートやIHクッキングヒーターなど販売や工事を手掛けております。

 

太陽光発電や蓄電池のお見積もり依頼はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太陽光発電のお見積もり依頼者限定!

 

太陽光発電・蓄電池のお見積もりはこちらから

 

 


記事の監修者情報

記事の監修者情報:株式会社iR 代表取締役 桂田弘幸

太陽光発電、オール電化販売会社に営業として7年間勤務。
会社員時代に支店長を務め全支店TOPの売り上げを達成。
2016年からは独立し株式会社iRを設立。
設立後には船井総研の講師や外部企業のコンサルティングにも携わる。


 

オススメ関連記事

 

【徹底解説】太陽光発電と蓄電池のおすすめランキングと容量の選び方

 

太陽光発電導入で電気代はどれだけ安くなる?平均的電気代の徹底調査!

 

【裁判も?】太陽光発電における隣の家とのトラブル事例と解決策とは?

 

太陽光発電の北面設置には注意!北側設置以外で太陽光発電に不向きな条件とは?

 

【徹底解説】太陽光発電の見積もりチェックポイントとは?|失敗しないためのコツ15選


【徹底解説】太陽光発電・蓄電池悪徳施工業者の特徴7選|安心できる優良な施工・設置業者の選び方とは?

 

【徹底解説】太陽光発電のトラブルになり得る事案14選|契約前に確認しておきたいポイントとは?

 

【2023年 太陽光発電 施工実績】選んだ理由は「信頼」と「提案力」です【お客様の声】

 

【徹底解説】太陽光発電の認可待ち問題と対応策

 

【徹底解説】太陽光発電はやめとけ?2024年の失敗しない選択法

 

LINE友だち追加でサクッと簡単な見積もりを確認することも可能です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加で簡易見積り

 

 

【太陽光発電で失敗したくないという方は併せてこちらもお読みください】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

NEW

  • タマホームで太陽光発電4.5kWが90万円以下で導入できた!その理由や相場価格、口コミなどを徹底解説!

    query_builder 2024/07/13
  • 家庭用蓄電池補助金一覧!申請条件や金額を徹底解説【2024年(令和6年)度最新】

    query_builder 2024/07/09
  • 太陽光発電6kWの1日の発電量は約20kWh、年間7,290kWhが一般的!

    query_builder 2024/07/06
  • 【徹底解説】蓄電池4kWhの価格や導入に失敗しないためのポイント

    query_builder 2024/06/23
  • 【徹底解説】蓄電池や太陽光発電の固定資産税に関する基礎知識と賢く減税する方法

    query_builder 2024/06/19

CATEGORY

ARCHIVE