【設置前に読むべき】『太陽光発電で損した!』 ブログの失敗事例と対応策

設置前に読むべき】『太陽光発電で損した!』 ブログの失敗事例と対応策

query_builder 2024/05/25
ブログ

「太陽光発電で損した!」って嘘?それとも本当?

【設置前に読むべき】『太陽光発電で損した!』 ブログの失敗事例と対応策

太陽光発電システムの導入を検討する際、多くの方が「太陽光発電 損した ブログ」や「太陽光発電 後悔 2 ちゃんねる」の投稿を参考にします。これらのブログや掲示板では、太陽光発電を導入した後の実際の収支、意外なデメリット、そして「太陽光発電 やめとけ」という声も少なくありません。特に「太陽光発電 後付け デメリット」や「太陽光発電 7割 損」といった具体的な失敗談は、これから設置を考える方にとって重要な警鐘となります。

 

また、新築に太陽光を導入したものの「新築 太陽光 後悔」と感じるケースや、10年経過したシステムの状態を語る「太陽光発電 10年経過 ブログ」も教訓に満ちています。本記事では、自宅での太陽光発電導入を検討している方々が、後悔のない決断を下すために必要な情報を、実際の体験談や専門的な分析を交えて提供します。

 

この記事を読むと、

・太陽光発電システムの設置後に発生する予想外のコストと収益の実際

・太陽光発電における発電効率の問題と日照条件の重要性

・電力買取価格の変動が収益性に与える影響

・メンテナンスや機器交換に関連する追加コストの実例

・太陽光発電と蓄電池の組み合わせの経済性と効果に対する現実的な評価

がわかります。

 

 

 

太陽光発電や蓄電池のお見積もり依頼はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太陽光発電のお見積もり依頼者限定!

 

太陽光発電・蓄電池のお見積もりはこちらから

 

 

太陽光発電で損した!? ブログやSNSの反応は?

もしかすると、お知り合いの中に「太陽光発電で損した!」という方がいるかもしれませんが、実際に損したという理由はどういう理由でしたでしょうか?

 

弊社でも、「太陽光発電 損」などと検索して調べてみていますが、実際には「損した!」と投稿されている方は、簡単には見つかりません。弊社で見つけたものもX(旧Twitter)で1件だけです。しかも、なぜ損したと思われたのかという理由が明記されていませんので、弊社でもなぜ損したと思われているかは分かりかねます。

 

 

なお、「太陽光 損」と検索してヒットする内容としては、太陽光発電での火災などの被害を受けて、「得するのは再エネ業者と中国だけ」「一般の日本国民は損しかない」というような1つのご家庭の話ではなく、日本国民全体で損するという政治的なお話の事のようです。

 

 

 

そのため、弊社が調べた限りですが、家庭用太陽光発電を設置して損したという方は実際に少ないのではないかと思われます。それでもなお、「太陽光発電はやばい」「太陽光発電は損する」「太陽光発電はやめとけ」などと言われているのか、については後ほど解説していきます。

太陽光発電はやばいと言われる理由とは?

「太陽光発電はやばい」「太陽光発電は損する」「太陽光発電はやめとけ」などと言われている理由の1つは、『売電価格の下落』が挙げられます。

 

引用元:オムロン「卒FITとは?FIT制度のおさらいと自宅に最適な余剰電力の活用法」

 

2024年度の売電価格は16円/kWhとなっており、約15年前と比べると約1/3になっています。そのため、売電による利益が見込めなくなっているため、「太陽光発電はやばい」と言われているという背景があります。

 

太陽光発電の売電による投資目的で考えた場合、確かにやめておいた方いいという方が多いのも事実です。特に産業用太陽光発電の場合は、住宅用よりも経済産業省の認可に時間がかかっており、かなり待たされているのが現状です。ですが、住宅用の太陽光発電の場合は、一部は売電収入を目的にしていても、メインは光熱費削減になると思います。

引用元:資源エネルギー庁「日本のエネルギー 2022年度版 「エネルギーの今を知る10の質問」

 

上のグラフは、日本の電気料金平均単価の推移になります。これを見ると、2010年から2021年にかけて、平均単価が約6.7円/kWh上がっていることがわかります。そのため、2010年頃は太陽光発電を家に設置して、発電したすべての電気を売電しても、これまで通り電力会社から電気を買って使っていてもお得だったのです。ですが、2021年では売電価格が19円/kWhなので、発電した電気全てを売電すると損してしまうという計算になります。

 

そのため、現在では太陽光発電で発電した電気は、売電ではなく自家消費する時代に変わっています。2024年現在では、売電してしまうと16円/kWhですが、自家消費すれば約30円/kWh分の電気代を得することができます。ですので、太陽光発電は自家消費を意識していけば、光熱費を抑えるためのツールとして十分に活用することができます。

 

また、2つ目の理由として『初期費用が高いこと』が挙げられます。家を建てたり、マンションを購入するときのように1,000万円〜数千万円くらいの金額まではいきませんが、それでも100〜数百万円の費用になることがあります。予算が足りない場合は、ソーラーローンなどを活用して設置するのですが、ローンを組むと金利を払わなければいけなくなるため、支払額がさらに増えてしまうことになってしまいます。

 

引用元:十六銀行ローンシミュレーション

 

上の画像は、ローンシミュレーションになりますが、例えば200万円のローンを金利3.5%で組み、10年で返済した場合、総返済額が約237万円と約37万円も増えてしまいます。200万円だとそこまで多く感じないかもしれませんが、仮に同じ金利と期間で500万円のローンをした場合、総返済額は約596万円と約100万円も増えてしまうのです。

 

他にも、定期的なメンテナンスが必要だったり、近隣トラブルになる可能性があるなど、様々な理由があります。ですが、これらの要因に関してはそれぞれ対策が立てられますので、後ほど解説します。

太陽光+蓄電池もやめとけ!?その理由とは?

先程の「太陽光発電はやばい」と言われていることに加えて、太陽光発電+蓄電池もやめとけという方が一定数います。

 

理由の多くは、太陽光発電はやばいと言われている理由と同じで

 

・初期費用が高い

・定期的なメンテナンスが必要

・大容量の蓄電池設置できない

・そもそも電気代が安いので設置する必要がない

 

などになります。

 

太陽光発電の設置費用に関しては、高いと言われるものの年々下がってきています。ですが、蓄電池に関してはまだまだ高いままになっています。もちろん、蓄電池も年々設置費用が下がっているのですが、まだまだ太陽光発電ほど安くなっていないのが実情です。

太陽光発電で後悔? 2ちゃんねるでの意見は?

2ちゃんねるやその後継の掲示板では、太陽光発電に関して多様な意見が交わされています。ですが、全く無知の方が2ちゃんねる(現5ちゃんねる)を見ても、野立てや産業用太陽光発電の話が多く、住宅用太陽光発電に関する情報を得ることは困難だと思います。

 

というのも、この記事を書くにあたって弊社でも2ちゃんねるのいくつかのスレッドを確認したのですが、弊社でも住宅用の太陽光発電に関する投稿を見つけるのが困難でした。また、スレッドによっては数ヶ月投稿されていないものもあるので、調べるのに時間がかかるのでおすすめしません。

 

弊社で確認した限り2ちゃんねるでの投稿内容としては、

 

・産業用太陽光発電は申請に動き出して1年経過したが認可が降りてない

・アパートに外壁工事と一緒に10.5kW載せたら、足場無料で9年で元取れた

 

などがありましたが、他は政府や電力会社に対するご意見が多かった印象です。そのため、『太陽光発電で後悔した』と投稿されている方は、産業用太陽光発電に投資された方なのではないかと思われます。

太陽光発電はやめたほうがいい? Yahoo!知恵袋での意見

また、Yahoo!知恵袋でも太陽光発電に関して、さまざまな意見が交わされています。実際にやめておけという意見もありますし、やった方がいいという意見もあります。ただ、回答されている方の中に太陽光発電を設置していないにも関わらず、「太陽光発電はやめとけ」という場合もあるので、回答を参考にする場合には注意が必要です。

 

mた、太陽光発電の質問に対して、この記事を読んでいる方にも参考にしてほしい回答として、以下のものがありました。

 

引用元:Yahoo!知恵袋

 

こちらの方が回答しているように、やめた方がいいかどうかは、条件もない中で判断するのは難しいかと思います。そのため、まずはご自宅の状態なども含めて情報を集めて、見積もり金額や発電量シミュレーションの結果などと照らし合わせて判断することが賢明だと思われます。

 

太陽光発電後付けのメリットとデメリット

太陽光発電に対する世間の意見やブログやSNSでの投稿の意見などについて、これまでお伝えしてきましたが、ここで太陽光発電を後付けで設置する場合のメリットとデメリットについて解説していきたいとおもます。

 

【メリット1 固定資産税がかからない】

 

太陽光発電を新築時に導入する場合、固定資産税がかかるケースがあります。後付けするケースでは、屋根に架台をつけて設置するので、住宅用太陽光発電では固定資産税は発生しません。ですが、新築の場合は屋根と太陽光パネルを一体型にするケースもあり、その場合は太陽光パネルも住宅の一部と捉えられ、固定資産税が発生します。

 

【メリット2 様々な販売店に相談できる】

 

新築時に太陽光発電や蓄電池を導入する際、家を建てる場合に導入すると、工務店やハウスメーカー、もしくは提携している施工業者のみに相談することになります。そのため、太陽光発電や蓄電池が相場よりも高いかどうか、判断しにくくなります。

 

一方で、後付けで太陽光発電や蓄電池を導入する場合には、自由に販売店に相談できるので、複数の業者に相談できますし、相見積もりを取ることで太陽光発電や蓄電池の相場を理解しやすくなります。

 

【メリット3 検討に時間をかけられる】

 

新築時に太陽光発電や蓄電池を導入すると、相談できるところが少ないだけでなく、住宅と併せて検討しなければいけないので、考える時間もあまり多くありません。ですが、後付けの場合は、補助金などのタイミングはあるものの、好きなタイミングで導入できますので、じっくり考えて検討することができます。

 

 

【デメリット1 屋根の耐荷重を調べる必要がある】

 

新築の場合は設計時に組み込むので、屋根の耐荷重を調べる必要はありませんが、後付けの場合には屋根の耐荷重を調べる必要があります。というのも、太陽光発電を後付けする場合は、架台という金属製の土台の上に太陽光パネルを設置します。もし、屋根が耐えられないという場合には、リフォームや補強工事をしなければいけないケースが発生してしまいます。

 

ただ、弊社のお客様でリフォームや補強工事が必要だったケースはなく、あるとしても家を建てて20年以上経過した木造建築の家などの場合になるかと思います。また、基本的には屋根にかかる荷重は分散されるので、築10年程度の戸建ての場合は、屋根に太陽光パネルが載せれないというケースはほとんどありません。なお、屋根の耐荷重が気になる場合は、販売業者や施工業者に見積もり依頼した後、現地調査をしてもらうと確認することもできるかと思います。

 

【デメリット2 住宅ローンが活用できない】

 

新築の場合は、太陽光発電や蓄電池の費用も住宅ローンで賄うことが可能です。ですが、後付けの場合は住宅ローンを使用することができません。そのため、後付けで購入する場合は、一括で購入するか、ソーラーローンを利用して購入するかになります。

 

ソーラーローンは、文字通り太陽光発電を導入する際に利用できるローンですが、住宅ローンに比べて金利が高くなっています。住宅ローンの金利は、変動金利で0.25〜0.4%程度、固定金利で0.9〜1.2%程度になる一方で、ソーラーローンの金利は、変動金利で1.5〜2.5%程度、固定金利で2〜3.5%程度になっています。

 

 

【デメリット3 屋根の形状や角度などによって制約を受ける】

 

後付けの場合に、注意しないといけないのが、屋根の向きや形状、角度になります。これらによっては発電効率が悪くなり、コストメリットがでないというケースもありえます。特に、屋根の形状が『片流れ屋根』の場合は、設置向きが北向きになる可能性が高くなり、その場合は発電量が南向きと比べて下がります。

 

実際の失敗談:自宅に太陽光発電を設置したブログでの事例

ここでは、読む方が読んだら太陽光発電を設置して失敗したと感じる方がいるかもしれないブログの事例を紹介します。

 

引用元:ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。「光熱費は半額以下に!しかし、回収予測は…やはりトホホ (-_-;)」

 

こちらのブログを投稿されている方は、屋根の面積が小さい方で太陽光パネルをあまり設置できなかったようです。そのため、電気代は削減できているものの発電量が少なく、資金回収まで約22年かかるという計算になっているようです。

 

この方のように回収に20年以上かかる計算になっている原因としては、訪問販売業者と契約したことが原因かもしれません。ブログの中でも勢いで決めてしまったとあるので、色々と調べられているものの、契約してから調べられているので、回収期間を短くしようとしても限界だったのかもしれません。

 

もし、この記事を読んでいる方の中で、訪問販売業者の方からの売り込みで興味を持たれている場合は、その業者とすぐに契約することなく、他の業者にも見積もりを依頼するなどして、しっかり情報を集めてから契約するか判断するようにしてください。

 

訪問業者全てが悪い業者なわけではないのですが、一部の業者にはいわゆる悪徳業者と言われる業者もいるので、注意が必要です。

 

もし、太陽光発電や蓄電池の悪徳業者に騙されない方法が気になるという場合は、こちらの記事で詳しく解説していますので、併せてお読みください。

 

 

【徹底解説】太陽光発電・蓄電池悪徳施工業者の特徴7選|安心できる優良な施工・設置業者の選び方とは?

太陽光発電で損した!?ブログ投稿内容から見る対応策

弊社では実際に「太陽光発電で損した」「太陽光発電はやめときゃよかった」と書かれているブログは見つけられませんでしたが、先程の方のように訪問販売業者と契約して、太陽光発電で失敗しないようにするための対応策について、解説していきたいと思います。

 

対応策1 即決しない

 

事前知識がない状態だと、訪問販売からのオファーが魅力的に見える可能性が高いです。もちろん、弊社よりも魅力的なオファーをする訪問販売業者もあるかもしれませんが、インターネット経由や購入者からの紹介で販売している業者よりも魅力的なオファーは少ないと言われています。

 

そのため、たとえ魅力的に思えたオファーでも一旦冷静に考えてから判断するようにしてみてください。

 

 

対応策2 他社の情報やオファーと比較する

 

訪問販売をきっかけに太陽光発電に興味を持つこと自体は悪いことではありません。ですが、インターネットで「太陽光発電 後悔 ブログ」などと検索すると、「契約後に30万円も安いところ見つかって後悔した」といったブログやX(旧Twitter)の投稿を見つけることができます。

 

そのため、実際に訪問販売でもらったオファーや見積もりが相場と比べて高いのかどうか、他の販売業者だとどれくらいの金額の見積もりがもらえるのか、情報を集めるようにしましょう。

 

 

対応策3 第三者の意見を聞く

 

もし、ご親戚やご友人に太陽光発電を設置した方がいる場合は、そういう方の意見も聞いてみるようにしてみてください。そうすることで、他の人がどういった見積もりをもらったかわかるでしょうし、訪問業者から得た見積もりとも比較することができるでしょう。

 

もし、ご親戚やご友人に太陽光発電を設置した方がいない場合は、太陽光発電業者に訪問販売業者が提案した内容で見積もりを依頼してみてもいいかと思います。ご家庭にあった提案がされるかどうかは業者によりますが、少なくとも訪問販売業者のオファーと金額面で単純に比較できるようになるでしょう。

太陽光発電における実際の収支を徹底解析

太陽光発電だけでは、大幅な電気代削減を成し得るのは難しいので、ここでは太陽光発電+蓄電池設置した方で実際の収支を出されている方をいくつか紹介していきたいと思います。

 

 

引用元:50歳からの行動研究所「蓄電池をつけて一年経ちました。電気代はどれだけ安くなったのか?」

 

こちらの方は、太陽光発電を設置してから10年が経ち、売電収支が見込めなくなることと蓄電池設置することで補助金が出るということ、電気代が高騰していることから蓄電池を後付けしたようです。その結果、1年前に比べて電気代が約1/2になったとのことです。10年前だと自家消費するよりも売電する方がお得なので、これでよかったと思いますが、最初から自家消費目的で太陽光発電と蓄電池設置していたら、太陽光発電の経年劣化もないので、年間11万円以上削減できたことは間違いありません。

 

続いてはこちらのブログの方。こちらの方はオール電化住宅にお住まいで太陽光発電と蓄電池設置しているようです。

 

引用元:たるしる「蓄電池でどれだけ節約できる?我が家の実例をご紹介【うちは深夜電力しか買わない】」

 

太陽光発電と蓄電池設置したことで、電気代がほぼ半額になっているとのことです。日中の電気代よりも深夜帯の電気代は約10円/kWhも安く、その時間帯にしか買電しなくて済むというのは電気代節約にかなり効果的です。

 

最後は、こちらのブログの方。

 

引用元:固定費削減マイスター「【実体験ブログ】太陽光発電と蓄電池を購入して電気代はどうなった?結論はつけてよかった!」

 

太陽光発電と蓄電池を導入する前は、約6,000〜15,000円程度かかっていたようですが、太陽光発電と蓄電池を導入した結果、電気代が約2,000〜3,000円程度まで抑えることができたようです。

 

先程の2つのブログでは、電気代が約1/2になったということでしたが、こちらの方は約1/3〜1/5になったということで、かなり節電できています。また、設置したことで電気代を節約でき、災害時の不安を軽減できたただけでなく、電気代を気にせず生活ができ、ご家族の節電意識が向上したという効果も得られているようです。

 

太陽光発電10年経過したブログ投稿内容からの教訓

太陽光発電を設置して10年が経過したブログ投稿からは、貴重な教訓が多く見受けられます。特に、太陽光発電システムの劣化や性能の低下が顕著になるこの期間において、設備の適切なメンテナンスの重要性が強調されています。実際に、X(旧Twitter)でもこのような投稿がありました。

 

 

 

 

この投稿者の方のご近所のかたがなぜメンテナンスで苦しんでいるのか、本当の理由はわかりかねますが、昔の太陽光パネルは今とは違って寿命も短いですし、メーカーの保証期間も短いので、稼働させるのに修理やメンテナンスが必須になっているのだと思われます。

 

というのも、パネルの清掃やインバーターの交換など、定期的なメンテナンスを怠ると、予想よりも発電量が大幅に低下することが報告されているからです。そのため、10年後これまで通り太陽光発電を稼働させるためにも、導入時に定期メンテナンスの予算や計画も組むようにしていきましょう。

設置前に読むべき】『太陽光発電で損した!』 ブログの失敗事例と対応策のまとめ

・ブログやSNS投稿で「太陽光発電で損した」と報告している方は意外と少ない

 

・太陽光発電がやばいと言われる理由は、売電価格の下落が原因

 

・2ちゃんねる(現5ちゃんねる)で太陽光発電に関しての投稿は、産業用に関する内容が多く、住宅用に関する投稿は少ない

 

・Yahoo!知恵袋では、太陽光発電に関して良いという意見も悪いという意見もある。ただし、設置していないのにやめておけという方もいるので、参考にする場合には注意が必要

 

・太陽光発電を後付けで設置するメリットは、「固定資産税がかからない」「様々な販売店に相談できる」「検討に時間をかけられる」の3点

 

・太陽光発電を後付けで設置するデメリットは、「屋根の耐荷重を調べる必要がある」「住宅ローンは活用できない」「屋根の形状や角度などによって制約を受ける」の3点

 

・実際に太陽光発電を設置した方のブログを見ると、訪問販売業者と契約して、回収までに時間がかかっているケースが多い

 

・太陽光発電で失敗しないためには、「即決しない」「他者の情報やオファーと比較する」「第三者の意見を聞く」ということを意識すると良い

 

・太陽光発電を設置した方の電気代を見てみると、設置後は設置前の1/2〜1/5になるケースも多々見受けられた

 

・10年前に設置した方の多くがメンテナンスに苦しんでいるようなので、設置前にメンテナンス費用やメンテナンスの手間がどれくらいになるのかを事前に確認しておくと良い

 

 

 

千葉を拠点とする『株式会社iR』では、太陽光発電、蓄電池、エコキュートやIHクッキングヒーターなど販売や工事を手掛けております。

 

太陽光発電や蓄電池のお見積もり依頼はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

太陽光発電のお見積もり依頼者限定!

 

太陽光発電・蓄電池のお見積もりはこちらから

 

 


記事の監修者情報

記事の監修者情報:株式会社iR 代表取締役 桂田弘幸

太陽光発電、オール電化販売会社に営業として7年間勤務。
会社員時代に支店長を務め全支店TOPの売り上げを達成。
2016年からは独立し株式会社iRを設立。
設立後には船井総研の講師や外部企業のコンサルティングにも携わる。


 

オススメ関連記事

 

【徹底解説】太陽光発電と蓄電池のおすすめランキングと容量の選び方

 

太陽光発電導入で電気代はどれだけ安くなる?平均的電気代の徹底調査!

 

【裁判も?】太陽光発電における隣の家とのトラブル事例と解決策とは?

 

太陽光発電の北面設置には注意!北側設置以外で太陽光発電に不向きな条件とは?

 

【徹底解説】太陽光発電の見積もりチェックポイントとは?|失敗しないためのコツ15選


【徹底解説】太陽光発電・蓄電池悪徳施工業者の特徴7選|安心できる優良な施工・設置業者の選び方とは?

 

【徹底解説】太陽光発電のトラブルになり得る事案14選|契約前に確認しておきたいポイントとは?

 

【2023年 太陽光発電 施工実績】選んだ理由は「信頼」と「提案力」です【お客様の声】

 

【徹底解説】太陽光発電の認可待ち問題と対応策

 

【徹底解説】太陽光発電はやめとけ?2024年の失敗しない選択法

 

LINE友だち追加でサクッと簡単な見積もりを確認することも可能です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加で簡易見積り

 

 

【太陽光発電で失敗したくないという方は併せてこちらもお読みください】

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

NEW

  • タマホームで太陽光発電4.5kWが90万円以下で導入できた!その理由や相場価格、口コミなどを徹底解説!

    query_builder 2024/07/13
  • 家庭用蓄電池補助金一覧!申請条件や金額を徹底解説【2024年(令和6年)度最新】

    query_builder 2024/07/09
  • 太陽光発電6kWの1日の発電量は約20kWh、年間7,290kWhが一般的!

    query_builder 2024/07/06
  • 【徹底解説】蓄電池4kWhの価格や導入に失敗しないためのポイント

    query_builder 2024/06/23
  • 【徹底解説】蓄電池や太陽光発電の固定資産税に関する基礎知識と賢く減税する方法

    query_builder 2024/06/19

CATEGORY

ARCHIVE